タグ “Twitter”

他には無い機能が便利!期待大のTwitterクライアント「Hotot」

Mac

私が普段Macで使用しているTwitterクライアントはTwitter for Macです。

乗り換えを検討していたらMac用としては新しいTwitterクライアント「Hotot」を見つけたので紹介します。

Hototは以前からLinuxとChrome用にあったようで、今月に入りMacとWindows用にもリリースされたばかり。

この記事を書いている段階ではまだβ版なのですが、動作が軽快で他のクライアントには無い機能もあったりと今後が気になる存在です。

続きを読む

任意のツイートをFacebookへ反映させるSelective Tweets

Web Service

FacebookとTwitterの連動には色々なFacebookアプリがあり、私も以前はTwitterのFacebookアプリで連動してました。

しかし、ほとんどのアプリではDMとリプライを除く全てのツイートをウォールに流します。

これが嫌でしばらくTwitterとFacebookの連動をしていませんでしたが、自分のツイートを任意でFacebookへ反映させるアプリを見つけたのでシェアします。

 

導入方法

  1. Facebookにログインした状態でhttp://www.facebook.com/selectivetwitterを開く
  2. 「Selective Tweets」を導入する
  3. Twitterアカウントを入力し「SAVE」ボタンをクリック

これだけです。

使用方法

アプリの設定時に入力したTwitterアカウントでツイートする際にハッシュタグ「#fb」と入力するだけでそのツイートがFacebookのウォールに反映されます。

非公式RTする時に #fb と入力しても反映されます。

なお、Facebookページにも設定する事ができるようです。(未検証)

全部のツイートはFacebookに流したくないけど、時々流したいツイートがあるという方はぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

Twitter for Macをコンセプトにブログリニューアルしました

Design, Diary, WordPress

当ブログ「wwwlogme」をリニューアルしました。

今回は初めてWordPressのフレームワークに挑戦。

仕組みを理解しないと中々難しいですねコレ。

ちなみに、使用したフレームワークは人気のあるThematic。

リニューアルのテーマコンセプトは「Twitter for Mac」。

Twitter公式のMac用クライアントですね。

以前はTweetDeckを使っていましたが、最近はずっとTwitter for Macです。

シンプルでMentionなどへのアクセスが早いという理由で使ってます。

もちろん、UIも好き。

なので、Twitter for MacのUIをテーマにブログをリニューアルしようと決めました。

続きを読む

TwitterのTLから新聞を作るキュレーションサービス

Web Service

TLから情報を選別して毎日オリジナルの新聞を無料でお届け!

TwitterやFacebookのTLまたはWallから、シェアされた情報をカテゴリに分けて専用の新聞を作成できる海外の無料キュレーションサービス「paper.li」の紹介です。

自分が読む為に作っても良いですし、他の人が作ったニュースペーパーを読む事もできます。

現在日本語には対応していませんが、作成したニュースペーパーには日本語の記事も表示されるので問題はないかと思います。

まだアルファ版(ベータ版手前)ですが面白いですよ。

では、実際に作ってみましょう。

※2011年2月8日、日本語に対応したようです。

続きを読む