カテゴリ “Web Service”

クレジットカードを使わずEvernoteをプレミアム会員にする方法

iPhone, Mac, Web Service

手放せない人も多いクラウドサービスEvernote。

もちろん私もユーザーの一人です。

ですが、無料会員だとどうしても容量制限が厳しいんですよね。

プレミアム会員にしようと思うとクレジットカードかPaypalでの決済になってしまうので二の足を踏んでいたら、クレジットカードもPaypalアカウントも必要とせずにプレミアム会員にアップグレードできる方法がありました!

もしかしたら、多くの人は知っていて自分のマヌケを晒してしまうだけのエントリーになる気がしないでもないですが書いちゃいます。

続きを読む

任意のツイートをFacebookへ反映させるSelective Tweets

Web Service

FacebookとTwitterの連動には色々なFacebookアプリがあり、私も以前はTwitterのFacebookアプリで連動してました。

しかし、ほとんどのアプリではDMとリプライを除く全てのツイートをウォールに流します。

これが嫌でしばらくTwitterとFacebookの連動をしていませんでしたが、自分のツイートを任意でFacebookへ反映させるアプリを見つけたのでシェアします。

 

導入方法

  1. Facebookにログインした状態でhttp://www.facebook.com/selectivetwitterを開く
  2. 「Selective Tweets」を導入する
  3. Twitterアカウントを入力し「SAVE」ボタンをクリック

これだけです。

使用方法

アプリの設定時に入力したTwitterアカウントでツイートする際にハッシュタグ「#fb」と入力するだけでそのツイートがFacebookのウォールに反映されます。

非公式RTする時に #fb と入力しても反映されます。

なお、Facebookページにも設定する事ができるようです。(未検証)

全部のツイートはFacebookに流したくないけど、時々流したいツイートがあるという方はぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

良質なクリエイティブデザインの宝庫はここだ!

Design, Web Service

インスピレーションを得る為の良質なデザイン

ブラウザのブックマークを整理していたら、いつブックマークしたのかすら覚えていないサイトを見つけました。

どんなサイトかも覚えていないので久しぶりに覗いてみると、そこは良質なクリエティブデザインの宝庫だったのです!

デザイナーさん必見。


続きを読む

Facebookファンページへアプリを入れる時に参考になるサイト

Web Service

Facebookのアプリ検索よりも使いやすい検索サイト

日本のFacebookは2月に入り、今までのファンページという名称からFacebookページに名称変更しました。

これによって、今までよりもぐっとFacebookページの敷居が下がったと思います。

これからはどんどんFacebookページが作られていくと思いますが、Facebookでアプリを探そうと思っても使いづらいと思いませんか?

今回のエントリーは、Facebookページにアプリを入れる時に大変便利なサイトappbistroの紹介です。



続きを読む

TwitterのTLから新聞を作るキュレーションサービス

Web Service

TLから情報を選別して毎日オリジナルの新聞を無料でお届け!

TwitterやFacebookのTLまたはWallから、シェアされた情報をカテゴリに分けて専用の新聞を作成できる海外の無料キュレーションサービス「paper.li」の紹介です。

自分が読む為に作っても良いですし、他の人が作ったニュースペーパーを読む事もできます。

現在日本語には対応していませんが、作成したニュースペーパーには日本語の記事も表示されるので問題はないかと思います。

まだアルファ版(ベータ版手前)ですが面白いですよ。

では、実際に作ってみましょう。

※2011年2月8日、日本語に対応したようです。

続きを読む

実は似ている!?FacebookとSocond Life

Diary, Web Service

以前は「実名性だから日本では流行らない」などといった声も聞こえてきたFacebookですが、着実にユーザーが増えていますね。

そして、最近はほとんど動向が聞こえてこないSecond Lifeというのもありました。

Second Lifeは「流行る」と言われて流行らなかったサービスですね。

「流行らない」と言われて流行の兆しを見せるFacebook、「流行る」と言われて受け入れられなかったSecond Life。

正反対に見えて、少し似ていませんか。


続きを読む