Sparrowの牙城を崩す無料のMac用メールアプリ「Airmail」登場!

Apple, Mac

airmail_thumb

Mac用のメールクライアントとして評価の高いSparrowがGoogleに買収されたニュースはまだ記憶に新しいですね。

残念な事にそのSparrowは今後サポートのみ続けていくという結果に。

そんな結末にガッカリした人もいると思います。

そこで、本記事公開時点ではまだβ版ながらもかなり完成度の高い新しいMac用メールクライアント「Airmail」のご紹介です。

GmailはもちろんiCloudにも対応です。

インターフェース

まずはAirmailのインターフェースをどうぞ。

airmail5

Mac標準のMail.appとSparrowの間をとったようなインターフェース。

マルチアカウントに対応しており、Mountain Lionから追加された通知センターにも対応しています。

インストール方法

では、Tumblr上にあるAirmailの公式サイトへ。

Tumblrに公式ブログを設置するスタートアップは多いですが、公式サイトそのものは珍しいですね。

Airmailはβ版のためか、アプリ本体はデベロッパー向けのアプリケーションプラットフォーム「HockeyApp」に登録されているのでダウンロードにはユーザーもHockeyAppのアカウントを作る必要があります。

Facebookアカウントかメールアドレスとパスワードの登録どちらで作っても良いです。ダウンロードするだけのユーザーなら無料ですのでご心配無く。

アカウントを作ってサインインしたら「Airmail Public Beta」と表示されているはずなので、「Send」ボタンをクリック。

Sendボタンをクリック

Sendボタンをクリック

すると、円形のエアメール便のアイコンが表示されているのでアイコンをクリックしましょう。

airmail2

現在の最新バージョンとリリースノートが表示されている画面になったら右にある「Download App」をクリックするとダウンロードが始まります。

本記事公開時点ではver1.0

本記事公開時点ではver1.0

ダウンロードが終わったらアプリを起動してみましょう。

初期設定画面で各項目を入力します。

現時点では6つのサービスが対応しています。

airmail4

初期設定が終われば同期が始まり、すぐに使えます。

使ってみた感想

受信メール一覧はスクロール時にモタつく事もたまにありますが、本文のスクロールなどはスムーズで全体的に快適に使えます。

環境設定ではUIの変更や通知音(Airmailオリジナルかな?)の変更もできたりと現状でかなり完成度が高いメールクライアントに仕上がっています

まだβ版ですが、今後更にブラッシュアップされていくと思うとメインのメールクライアントにしても良いくらいかも。

ぜひお試しください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...