Photoshop CS6の起動がたったの3秒!iMac27インチFusion Drive(Late 2012)モデルが到着

Apple, Diary, Mac

どうも、@cbrzeroです。

各所で話題のiMac Late 2012が私の所にも届きました。

iMacが発表された直後に27インチのFusion Driveモデルを法人枠で注文(法人は電話でオーダー)して待つこと約1ヶ月。連休明けの1月15日に到着。

実際に目の当たりにするとFusion Driveの凄さにビックリ!

開封の儀

Macユーザーにはお馴染みの開封の儀です。

27インチ大きい!

今までは自宅と会社共に21インチのiMacを使っていました。

なので27インチは初めてだったのですが、やはり大きい。

この大きさでもデスクに置くと自然と馴染むので不思議。

画像の処理荒くてすみません…。

一番左が今まで使用していた21インチのiMac。

右が今回の主役27インチiMac!

27インチはさすがに見やすくて自宅用にも欲しくなります。

Photoshop CS6の起動にかかった時間は3秒

まず最初に試した事はおもーいグラフィックソフトのPhotoshop CS6の起動時間。

動画を撮っていないのが悔やまれる程にとてつもない速さで起動しました。

その時間僅か3秒

これは私の環境下なので参考程度に考えていただきたいですが、今までは15秒程度かかっていたので5倍の速さになりました。

ちなみに、Illustrator CS6は8秒前後。

3GBのファイルコピーは僅か10秒でコピーできちゃいました。。。

凄すぎるよFusion Drive!

海外の方がFusion Driveのパフォーマンスを動画でアップしているので貼らせていただきます。

iMac27インチFuison Driveの感想

iMac Late 2012の目玉はなんといってもFusion Driveでしょう。

今後iMacを買う時はFusion Driveを選ばない理由はありませんね。多少予算オーバーでも絶対Fusion Driveを選んだほうが満足度が高いです。

もう一つの目玉は地味ですが反射を75%抑えた液晶ディスプレイ。

昔のMacにはアンチグレアが選択肢として用意されていた時代もありましたね。

この反射を抑えたディスプレイは実際に使ってみるととても快適な事が実感できます。

特にAdobeのソフトはCS6になってからUIがダーク系になったためディスプレイに写り込みしやすくなっていました。

これがほとんど気にならないレベルにまでなっています。

メモリの増設には注意が必要かも

残念ながら21インチは自分でメモリの増設ができなくなりましたが、27インチは大丈夫です。

しかし、下記の記事を見ると何も考えずにメモリを増設するのは注意が必要かもしれません。

[Mac] iMac Late 2012(27インチモデル)のメモリー増設はCLに注意?統一しないと動作クロックが1600MHzから1333MHzになる可能性。 via Appleちゃんねる

この記事をiMacが届く前に見ていたので、今回のメモリ増設は実際にiMacが届いてからにしようと思っていました。

下の画像は届いたiMacに挿さっていたメモリの現物です。

上記のリンク先で書かれている他の購入者とは違ったようです

そして私が購入したメモリがこれ。

レビューを見ると他のiMac Late 2012購入者の方も問題無かったようなので安心して購入できました。

メモリの増設は電源の上にあるボタンを押すと蓋が開くので後はメモリを挿すだけなので簡単。

ボタンは少し固いので道具を使って押すのがオススメ。

これからiMacの購入を検討してる方、絶対にFusion Driveが買いですよ!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...