まるでDropbox!?フォルダへGrowlの通知付きでフォトストリームの画像を自動保存する方法

Apple, iPhone, Mac

この方法ができた時、感動しました。

今までiPhoneに保存した画像をMacで使おうとした場合、毎回iPhotoを立ちあげてコピーするか、Dropboxからローカルに保存していました。

しかし、今回紹介する方法を使えばフォトストリームの画像を好きなフォルダへ自動的に保存してくれます。

Growlで通知もしてくれて、Dropboxのように自然な流れで画像が追加されます。

iPhoneのスクリーンショットを撮る事が多いブロガーの方にはかなりお勧めの方法ですが、ブロガーじゃない人もぜひ試してみてください。

元ネタのご紹介

最初に、この方法は@thikasaさんの以下のエントリーが元となっています。

iCloud フォトストリームの画像を自動取得できるフォルダの作成方法 via thikasa note

このエントリーを見なかったら今回の方法も思いつきませんでした。

しかし、上記の方法には問題点があります。

 

ここからこの問題点について説明しますが、必要無いと思った方は次の項目「方法」まで読み飛ばしてください。

  1. スマートフォルダには拡張子の検索条件を複数指定できない(追記有り)
  2. フォルダから画像を削除や移動してしまうとiPhotoのフォトストリームに反映しない(iPhotoが起動中の場合を除く)

上記のエントリーではスマートフォルダを作成し、フォトストリームの画像を参照する仕組みになっています。

しかし、スマートフォルダは検索条件で複数の拡張子を指定する事ができません。

なぜ複数の拡張子を指定する必要があるかというと、iPhoneのカメラで撮影した写真は「.jpg」、スクリーンショットの場合は「.png」で保存・アップロードされます。

その為「.jpg」と「.png」それぞれの拡張子を参照するスマートフォルダが2つ必要という事になります。

これでは全くスマートではないですね。

追記:NANOKAMO BLOGさんでスマートフォルダへ複数の拡張子を指定する方法が掲載されていました

 

2つ目の問題点ですが、カメラで撮影するなどのiPhoneが起点となるフォトストリームの場合、iPhoneで撮影した画像をiCloudに自動アップロードし、その後iCloudからMacのある特定のフォルダへダウンロードしているようです。

iPhotoにあるフォトストリームの項目に反映されるのは、iPhotoを起動した時にiCloudから特定のフォルダへダウンロードされた画像を参照している為、iPhoto起動時に削除されていたりフォルダから移動されていると反映されません。

iPhoneをMacに繋げば画像をiPhotoへコピーする事もできますが、それはフォトストリーム登場以前にもできたので今となってはスマートではありません。

前置きが長くなってしまいましたが、この2つの問題点を解消する方法のご紹介。

方法

この方法では簡単に自動プログラムが作れるAutomatorを使います。

まず、フォトストリームの画像を保存したいフォルダを新規作成するか、既存のフォルダを決めてください。

私は「Photo Stream」というフォルダを作り、サイドバーにも表示させました。

フォルダ名はお好きな名前でどうぞ

 

次にAutomatorを起動します。

起動したら、作成する書類の種類から「フォルダアクション」を選びます。

 

最初の工程は右側のフィールドにあるフォルダ選択で「~Libraly/Application Support/iLifeAssetManagement/assets/sub」を選びます。

※「~Libraly/」がどこか分からないという方は予め「Finder」→「メニューバーの移動」の順にクリックして「optionキー」を押すと「ライブラリ」が表示されるので、Finderのサイドバーなどにドラッグ&ドロップしておきましょう

 

次は左側のフィールドから「Finder項目を検索」というのを右側のフィールドへドラッグ&ドロップし、検索対象フォルダは最初と同じく「sub」を選び、検索条件は拡張子の「jpg」「png」を「いずれかを満たす」で作成します。

検索対象はsub、拡張子は2種類「いずれか」で選ぶ

 

作成したら「フォルダの内容を取得」という項目を右側へドラッグ&ドロップします。

 

次に「Finder項目をコピー」という項目を右側へドラッグ&ドロップし、保存先で最初に作成または決めたフォルダを選んでください。

ここで必ず「既存のファイルを置き換える」にチェックを入れてください!

チェックを入れないとiCloudからsubフォルダに画像がダウンロードされる度に既存の画像のコピーが作成されてしまい、1枚の画像が気が付いた時には数十枚という事になります。

超重要!

 

作成したフォルダへ画像が保存された時にサムネイルが見たい場合は「イメージファイルにサムネールアイコンを追加」というのを右側へドラッグ&ドロップしてください。

サムネイルは必要無いという場合、これは飛ばしても問題ありません。

これが無い場合のサムネイルは拡張子を表す画像になります

 

最後の工程はGrowlをインストールしている人限定です。

左側の「その他」の項目から「Growl通知を表示」を右側へドラッグ&ドロップし、タイトルと説明に指定フォルダへ画像が保存された時の通知メッセージ文を入力します。

優先度はご自由にどうぞ

 

これでAutomatorの自動プログラムが作れました。

最終的に全体を通すとこんな流れになります。

画像クリックで拡大

 

最後にこのフォルダアクションを保存します。

名前は何でもOK

 

実際にiPhoneで写真を撮影したらGrowlが通知してくれて、作成したフォルダにも画像が保存されました。

 

これでもう毎回iPhotoを立ちあげたり、Dropboxを経由しなくてもスムーズに画像が入手できます。

作成したフォルダへ追加される画像はコピーなので、必要無くなったら削除してもiPhotoには反映されるので問題ありません。

今回の作業は実際にやってみると簡単ですのでぜひお試しください!

追記:iPhoneからフォトストリームへのアップロードはWi-Fi環境で行われる為、外出中に3G環境で撮影した画像は自宅などのWi-Fiに接続後アップロードされますのでフォルダへの自動保存は若干のタイムラグがあります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...