カスタマイズ方法の紹介もあるよ!今こそ始める普通のブログとして活用するTumblrのススメ

Web Service, まとめ

こんにちは、@cbrzeroです。

最近日本でTumblrが盛り上がりの兆しを見せています。

TumblrといえばInstagramの写真をアップしたりリンク集のような使い方をして、普通のブログはFC2やWordPressなどのブログツールで書いている人が多いかと思います。

私はWordPressを使いこのwwwlogmeをメインブログとして運営していますが、1週間ほど前からプライベートな内容を友人と共有する為のブログとして数あるブログツールの中からTumblrを選びました。

これがやってみると思っていた以上に簡単で面白く、もっとたくさんの人がTumblrを普通のブログツールとして使っても良いのでは?と思うほど。

今回のエントリーではTumblrを普通のブログとして使う事に焦点を当て、なぜ私がTumblrを選んだのか、Tumblrの機能を拡張する方法を合わせて紹介していきます。


なぜ今Tumblrが盛り上がりつつあるのか

以前当ブログではこんな記事を書きました。

この記事がITmediaの運営するオルタナティブブログで紹介されるなどしてアクセスを集めました。

他にも様々なブロガーさんがTumblrが盛り上がりそうな記事を書かれています。

上の男子ハックさんの記事でも紹介されていますが、つい最近日本初のTumblr解説本が発売されました。

以下は著者田中さん( @sta7ka )のサイト。

TANAKAMP的ヒトコト。

これらの事からTumblrが盛り上がりつつあるのではないかと感じています。

※初めに謝っておきます。Tumblrハンドブックをまだ読んでいない状態でこの記事を書いてますごめんなさい。

Tumblrのメリット

早速、Tumblrをやった事の無い人向けにTumblrのメリットを挙げてみます。

  • 基本無料
  • 投稿が簡単 ※個人差有り
  • 広告が一切入らない
  • アフィリエイトリンクが貼れる
  • 容量が無限 ※一部制限有り
  • 独自ドメインが使える
  • TwitterとFacebookの連携機能
  • プライベート投稿ができる
  • グループブログが作れる

基本無料

Tumblrにはたくさんのデザインテーマがあり、無料のテーマを選べばずっと無料で使えます。

※投稿を目立たせたい場合は1ドルでバッジを購入して目立たせる事ができます

 

投稿が簡単

これは個人的な体感に基づいてメリットと感じた事なので個人差がありますが、WordPressで記事を書くより簡単かなと思っています。

 

広告が一切入らない

多くの無料ブログサービスではサイト内に広告が入る事がほとんどです。

ですが、Tumblrの場合は一切広告が入りません。

 

アフィリエイトリンクが設置できる

広告が一切入らないと書きましたが、もしも自分で用意したGoogle Adsenseなどのアフィリエイトリンクを貼りたい人はテーマ編集をする事でアフィリエイトリンクを貼ることができます。

 

容量が無限

ブログ全体の容量に制限は無いので写真を何千枚とアップロードしても平気です。

※写真などの1枚あたりのアップロード容量と1日あたりの枚数制限はあるので注意

 

独自ドメインが使える

Tumblrの設定画面で独自ドメインを入力する事で利用できます。

 

TwitterとFacebookの連携機能

管理画面でアカウントを紐付ける事で、Tumblrに投稿したものをTwitterとFacebookに流す事ができます。

更に、Facebookアカウントを紐付ける際にFacebookページを選択する事でFacebookページにも投稿を流す事ができます。

Facebookページのサブコンテンツという位置付けでTumblrを活用する事もできますね。

 

プライベート投稿ができる

個人的なブログとして使う場合、時には他の人には見せたくない内容もあるかもしれません。

そんな時は投稿時にパスワード認証を設定すれば、パスワードを知っている人だけに見せる事ができます。

 

グループブログが作れる

Tumblrではメインブログの他に追加ブログを複数作成できます。

メインブログは自分だけが管理できますが、追加ブログは複数人で運営・投稿できます。

法人やサービス用でブログを用意したい場合には選択肢のひとつとしてTumblrを考えてみてはいかがでしょうか。

Tumblrでできる事

Tumblrを普通のブログとして使う場合、他のブログツールと比較してできる事・できない事があります。

まずは普通のブログを運営する際に最低限必要な機能を見てみましょう。

  • 投稿機能
  • 予約投稿
  • カテゴリー設定
  • コメント機能
  • アクセス解析
  • アーカイブ表示
  • RSS登録リンク
  • サイト内検索

人によってはもっと必要な機能もあるとは思いますが、最低限という意味ではこれくらいでしょうか。

この中でTumblrに標準搭載された機能でできる事は限られます。

  • 投稿機能
  • 予約投稿
  • アーカイブ表示
  • RSS登録リンク
  • サイト内検索

これだけ!?と思うかもしれません。

そうです、標準で搭載されている機能はこれだけです。

しかし、Tumblrにはたくさんの有料・無料のデザインテーマがあり、選択するテーマ(無料でも可)によってはもう少し機能が追加され、HTMLの編集やサードパーティ製のツールを使う事で更に多くの機能を追加できます。

その場合、以下の機能を追加する事ができます。

  • SEO対策
  • アクセス解析
  • カテゴリー設定
  • コメント機能
  • 最新のツイートを表示
  • ヘッダー(ロゴ)と背景を画像に差し替える
  • Faviconを差し替える
  • jQueryなどのjsファイルを追加する
  • フォントを変更する
  • ソーシャルボタンの追加

これだけあれば他のブログツールと比べても遜色が無いと思います。

これらの機能を追加する方法を紹介していきます。

Tumblrの機能を拡張する

SEO対策

テーマ編集から直接HTMLを編集する事でmetaキーワードの追加ができますし、Googleウェブマスターツールを使って対策する事もできます。

3分で出来るTUMBLRのSEO対策-GOOGLEウェブマスターツールにサイトマップを送信する via えんぴつぶろぐ

 

アクセス解析

Google Analyticsを使う事でアクセス解析を行う事ができます。

選択するテーマによってはIDを入力するだけで使えるものもあります。

 

カテゴリー設定

Tumblrにはカテゴリー機能はありませんが投稿へのタグ付けができるので、これにサードパーティ製のTumblr Tag Cloud Generatorというタグクラウドツールを導入する事でカテゴリーリストの代用として使えます。

タグを付けて投稿&タグクラウドを表示させる via マイナビニュース

下の画像は実際に私のTumblrで使用している例です。

CSSを編集して縦に表示

縦に表示する事でカテゴリー一覧のような機能を持たせる事ができますね。

 

コメント機能

Tumblrでコメント機能を使う場合、Twitter・Facebook・GoogleなどのアカウントでログインできるコメントシステムDISQUS を使う場合と、Facebookコメントシステムを使う2通りの方法があります。

DISQUSを使う場合はアカウントを作成した後にテーマ編集で導入するか、Tumblrのテーマ次第ではアカウント名を入力するだけで使えるものがあります。

DISQUS

Tumblrにコメント欄を付けてみた via caramel*tumblr

Facebookコメントシステムを使う場合はテーマ編集で導入します。

Tumblr に新しくなったFacebookコメントシステムを入れる方法 via A!@attrip

 

最新のツイートを表示

これもテーマによっては簡単に表示できるものがありますが、テーマに機能が無くても編集する事で追加できます。

導入方法はTumblrの公式ドキュメントをご覧ください。

 

ヘッダー(ロゴ)と背景を画像に差し替える

テーマによっては用意されているヘッダー画像と背景画像のアップロード機能。

これもテーマ編集で使えるようにできます。

Tumblrのサイトタイトルを画像に&背景画像を設定 – その3. 背景画像編 via tips!

Tumblrのサイトタイトルを画像に&背景画像を設定 – その4. タイトル画像編 via tips!

 

Faviconを差し替える

Tumblrのファビコンは登録したプロフィール画像が使用されるのが普通ですが、テーマに必要なファイル(画像、CSS、javascript)をアップロードできる機能があります。

※テーマ以外のファイルをアップロードした場合はアカウントが凍結されるので注意

Tumblr upload static file

この機能以外の方法としては、自分の契約しているレンタルサーバーなどにfavicon.icoファイルをアップロードし絶対パスを<head>内に記述する事でFaviconを差し替えられます。

レンタルサーバーを持っていない人はDropboxのパブリックフォルダにfavicon.icoをアップロードする事で代用できます。

faviconファイルの無料作成サービスや設置方法などはネット上にたくさん紹介記事がありますので検索してみてください。

 

jQueryなどのjsファイルを追加する

jQueryなどのjavascriptファイルを使う場合もfaviconと同様です。

jQuery本体はGoogle AJAX APIを使って読み込む事ができるのでぜひ利用させてもらいましょう。

少し古い記事ですがGoogle AJAX APIでjQueryを使う方法です。

Google AJAX APIを使ってjQueryを読み込む via inputlog

 

フォントを変更する

欧文フォントはGoogle web fontを利用する事で変更ができます。

無料で使えるCSS3のwebフォント・Google web fontからシンプルでカッコイイフォントまとめました via Webデザインクリップ

日本語のWebフォントは欧文フォントに比べ無料で使えるサービスが少ないです。

以下のサービスでは日本語Webフォントの無料トライアルがあるので試してみてはいかがでしょうか?

デコもじ

 

ソーシャルボタンの追加

テーマ編集をする事で各種ソーシャルボタンを追加できます。

TwitterやLikeボタンなど主なソーシャルボタンの追加方法は以下の記事が分かりやすいです。

コピペでOK! 簡単ラクラク!Tumblrのソーシャルボタン! via 世界中の1%の人々へ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Tumblrの機能を拡張する事で、普通のブログとして活用できるレベルになったかと思います。

今こそ普通のブログとしてTumblrを始めてみませんか?

リンク:Tumblr

こちらもおすすめ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Pocket



follow us in feedly