宣伝やお知らせに最適!WEBサイトに通知バーを設置できるWordPressプラグイン「ViperBar」

Design, WordPress

Mac/PCから当ブログをご覧の方は気付いた人もいるかと思いますが、ブログの上部にメッセージを表示する通知バーを追加しました。

これは、「ViperBar」という自分のサイトに宣伝やお知らせなどのテキストとリンクが記載されたシンプルな通知バーを表示するWordPressプラグインです。

日本では導入しているサイトをあまり見かけないのですが、使い方次第では有効活用できそうなので導入方法を紹介します。

導入方法

まずはWordPressの管理画面からプラグイン検索(キーワード:ViperBar)するか、プラグインをダウンロードしてインストールし有効化します。

2012年4月時点でのバージョンは2.0

 

有効化したら設定画面を開きます。

ViperBarは結構機能が豊富で、AWeber・Mailchimp・Feedburnerと連動させる事もできるようですが、ここからはシンプルにテキストとリンクテキストを表示する最低限の設定方法を説明していきます。

General設定画面です。画像は現在の私の設定内容。

以下、各項目の説明です。

Enable ViperBar

ViperBarを有効にするか選択

Show the ViperBar to Administrators

WEBサイトの管理者へViperBarを表示させるか選択

Enable Hide Button

通知バーが邪魔だと思う人の為に非表示ボタンの設置

Make ViperBar Sticky

有効にした場合、ページをスクロールすると通知バーも一緒に移動します

Once hidden〜

一度ユーザーが非表示にした場合、再度表示ボタンをクリックするまで通知バーを隠し続けます

If enabled

もしもOnce hidden〜で有効にした場合、ここに設定した日数は非表示にします

 

 

次に、Content画面で通知バーに表示するテキストを入力します。

シンプルなテキストとリンクテキストの場合は「Custom Text」に入力。

Feedburnerなどと連動させたい場合は「Preset Forms」で設定できますが、ここでは割愛します。

<a>タグでリンクテキストも表示できます

 

最後に通知バーのデザインを設定。

「Advanced」画面ではCSSの編集もできます。

このプラグインには元々9つのテーマが用意されていますが、他にも一色のみや自分で用意したオリジナル画像を使えたりと5つのスタイルから選べます。

バーのデザインは自分で画像を用意して使う事もできます

用意されたテーマを使う場合は、好きな画像にチェックします。

Opacity Valueで透過率を設定したら完了!

Previewボタンでどんなデザインになったか確認しながら作ってみるのが良さそうです。

気になった人は簡単なのでぜひお試しあれ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...