Twitter for Macをコンセプトにブログリニューアルしました

Design, Diary, WordPress

当ブログ「wwwlogme」をリニューアルしました。

今回は初めてWordPressのフレームワークに挑戦。

仕組みを理解しないと中々難しいですねコレ。

ちなみに、使用したフレームワークは人気のあるThematic。

リニューアルのテーマコンセプトは「Twitter for Mac」。

Twitter公式のMac用クライアントですね。

以前はTweetDeckを使っていましたが、最近はずっとTwitter for Macです。

シンプルでMentionなどへのアクセスが早いという理由で使ってます。

もちろん、UIも好き。

なので、Twitter for MacのUIをテーマにブログをリニューアルしようと決めました。

Twitter for MacではMentionなどのアイコンにマウスを乗せると「Mention」などと名前が表示されるので、これも吹き出しのツールチップで実装。

(上部のTwitter,Facebook,RSSアイコンに実装)

ただデザインを変えるだけではなく、WordPressフレームワークにも挑戦していみようと思い、今回は人気の高い「Thematic」を使って構築。

 

Thematicを選んだ理由

  • 日本でも人気のあるフレームワークなので情報が得やすい
  • ウィジェットが最初から13ヶ所に設置可能

 

本当はデバイスによってサイズを最適化してくれるWhiteBoardが使いたかったけど、テーマコンセプトはTwitter for Macなのでサイドバーがずれてしまっては困るのでThematicに決定。

(Twitter for Macとはサイドバーが左右逆ですが、右側にサイドバーがあった方が自分は好きなので…)

 

フレームワークは一からブログを構築するよりも簡単ですが、記述が多少単一のテーマファイルと異なります。

通常であれば以下のようなファイルがあってテーマが構成されています。

  • function.php
  • header.php
  • index.php
  • single.php
  • footer.php
  • スタイルシートなど

 

    しかし、フレームワークの場合は子テーマを使うので入っているファイルは「function.php」「スタイルシート」の2つのみ。

    この2つのファイルを使って子テーマを作成していきます。

    しかし、phpスキルの低い私がこのフレームワークの仕組みを理解するのは中々難しい…。

    結局、header.phpなどの要素毎にコピーしてきて作りました。

    まだまだ完成ではないので現在進行形でちょいちょい中身をいじってます。

    そのため、見た目や表現がおかしな所があるかもしれませんがご容赦を。

     

    今回のリニューアルで新しいプラグインも導入しましたが、これが中々便利なので次の機会に書きます。

    Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...