TwitterのTLから新聞を作るキュレーションサービス

Web Service

TLから情報を選別して毎日オリジナルの新聞を無料でお届け!

TwitterやFacebookのTLまたはWallから、シェアされた情報をカテゴリに分けて専用の新聞を作成できる海外の無料キュレーションサービス「paper.li」の紹介です。

自分が読む為に作っても良いですし、他の人が作ったニュースペーパーを読む事もできます。

現在日本語には対応していませんが、作成したニュースペーパーには日本語の記事も表示されるので問題はないかと思います。

まだアルファ版(ベータ版手前)ですが面白いですよ。

では、実際に作ってみましょう。

※2011年2月8日、日本語に対応したようです。

まず、paper.liへアクセスし、画面右上の「CREATE A PAPER」をクリック

(画像クリックで拡大します)

次にTwitterとFacebookどちらのアカウントで作るか選択

Twitterで作成する場合、Twitterアカウントへログインします

どんなニュースを作るのか3タイプから選びます。

  • アカウントのTLから作成(フォローしている全てのユーザーポスト)
  • 好きなハッシュタグから作成
  • 好きなリストから作成

どれか一つを選び「CREATE」をクリックして完成です!


最初にヘッドラインが掲載されており、カテゴリメニューでそれぞれのニュースを見る事もできます。

各記事には誰がその情報をシェアしたのかTwitterアイコンで判別できます。

アイコンの隣にあるメモ帳アイコンにマウスを乗せるとシェアした時のツイートがポップアップします。

YouTubeなどの動画も埋め込まれるので、自分で作成したニュースペーパーをiPadで見てみると面白いかもしれません。

※私はiPadを持っていないのでどなたかレビューをお願いします!

ニュースペーパータイトルをクリックすると好きなタイトルに変更できますが、他にも以下のスクリーンショットで囲んだ機能があるので解説です。

  • Subscribe:希望のメールアドレスへニュース更新のお知らせが届く
  • Embed:ブログやサイトにニュースペーパーを貼る為のコード
  • Add editor’s note:作成したニュースの説明文を書く
  • Archives:アーカイブされた過去のニュースペーパーを読む

今回スクリーンショットは撮っていないのですがページ右上に各種設定へのリンクがあり、そこでニュースペーパーを何時に更新するかなども決める事ができます。

こちらが私が実際に作成したニュースペーパーですので作る前に見てみたいという方はどうぞ。

The junown Daily

他にも同じ様なサービスが以下のサイトで利用できます。

Twitter Tim.es ※Twitterアカウントのみ

PostPost ※Facebookアカウントのみ

作成には手間もかからず簡単に作れますので、興味のある方はpaper.liからどうぞ!

追記:paper.liは2011年2月8日から日本語に対応したようです。スクリーンショットと文章が異なりますが、ご了承ください。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...