Dockの機能を拡張する「HyperDock」を入れてみた

Apple, Mac

アプリ毎にウィンドウを表示するDock機能拡張

Dockのアプリアイコンにマウスを乗せるだけで、そのアプリで開いているウィンドウをプレビュー表示してくれる機能拡張アプリケーションを導入しました。

いつも複数のウィンドウを開く人には良アプリではないでしょうか。

さて、ここからは導入方法です。

公式サイトからファイルを落としてきます。

Mac OS X 10.6以降に対応してます。

ファイルがダウンロードされると上のウィンドウが開きますのでアイコンをダブルクリック。

※このアプリは「システム環境設定」にインストールされる為、通常のアプリケーションフォルダに入れる方法と異なります。

インストールできたら設定画面です。

私もいくつか把握していない項目があるのでかいつまんで簡単に説明。

【General】

・Enable dock item previews

この拡張機能を使用

・Minimized/hidden windows

最小化しているウィンドウの表示

チェックを入れると最小化したウィンドウは(ー)マーク付きでDockのアプリアイコンから表示できる

・Keep bubble visible after clicking a preview

プレビュークリック後、Dockアイコンの画面を残す

・Don’t show if there is only one app window

ウィンドウが1つだけのアプリはプレビューしない

・Enable iTunes preview

iTunesで再生中の曲のアートワークとコントロール表示

・Show ratings

iTunesで再生中の曲のレートを表示

・Enable iCal preview

iCalの予定をプレビュー

・Show Safari tabs

Safariで開いているタブのプレビュー

※この機能を使用するにはdonateが必要。

将来的にシェアウェアになる!?

この記事を書いている最中も本記事で使用する画像をPhotoshopで開いていたり、ブログエディタのectoやSafari、メールやiTunesなど15個ほどウィンドウを開きながら書いていますが、このHyperDockのおかげでExposeを使うより早く目的のウィンドウを開く事ができています。

しかし、現在はフリーウェア(一部機能はdonate)ですが、将来的にシェアウェアになるらしいです。

今の内にダウンロードが吉!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...